Cook Pine Capital LLC

COOK PINE CAPITAL

YOUR WEALTH MANAGEMENT PARTNER

クックパイン・キャピタルについて

社名の由来

クックパインはマツ科常緑針葉樹の一種で、イギリスの探検家、ジェームス・クックが1774年ハワイにもたらしました。クックは船のマストとしての使用を主目的に考え、ニューカレドニアからこの50メートル近くまでまっすぐに成長し、その成長の予測もつきやすい針葉樹を持ち込んだと言われています。

我々は弊社がオルタナティブ投資において目指す運用のシンボルとしてこの木を選びました。クックパイン・キャピタルでは、リスクを出来るだけ排除した堅実なリターンの獲得を目指しています。弊社が運用するお客様のニーズに合わせた個別のポートフォリオは、様々な市場環境に対応し、長期的な絶対リターンを生み出すことを目標に構築されています。さらに、将来のニーズを満たすためには、今日成長の種を蒔かなければいけないということも、このシンボルは意味しています。

会社概要

クックパイン・キャピタルは、富裕層のお客様、そのご家族および関連機関のためにオルタナティブ投資を中心とした資産運用サービスを提供する投資顧問会社です。

お客様一人一人との対話を通じてお客様の運用目的、リスク許容度、これまでの資産運用状況等を理解した上でそれぞれのお客様のニーズに合わせた資産運用全般のアドバイスを提供しています。お客様それぞれに最適なポートフォリオの構築を行うために金融業界において培われた経験や独自のネットワークを活用し、優秀なマネージャーの選定及び継続的なモニタリングサービスを提供しています。

クックパイン・キャピタルでは、個人のお客様にはオルタナティブ投資のファンド・オブ・ファンズや投資銀行、プライベートバンク等ではなく、お客様一人一人を理解し、お客様毎の投資目的に即した個別の投資プログラムを提供出来る投資顧問会社が必要であると考えています。また、独立投資顧問としてオープン・アーキテクチャーを採用することにより、主観の入らない独立した投資判断が可能になり、よりお客様のニーズに即したポートフォリオの構築が可能になると信じています。

クックパイン・キャピタルは、日本及び米国において投資顧問登録を行っています。*また、企業倫理及び社内コンプライアンス体制の徹底に常に努めています。

*クック・パイン・キャピタル・エルエルシー (クックパイン・キャピタル) は、日本の金融商品取引法に基づく投資助言・代理業の登録をしております。(登録番号:関東財務局長(金商)第687号)。また、米国SECにも投資顧問として登録済みです。当ウェブサイトに記載されている事項は、お客様への弊社サービスにかかる投資助言及び投資に関する情報の提供を目的として作成されたものであり、弊社サービスの取得や投資の勧誘を目的としたものではありません。投資に関する最終的な決定はお客様ご自身の判断でなさるようにお願い致します。また、当ウェブサイトに掲載された情報は信頼出来ると考えられる情報に基づいて作成しておりますが、情報の正確性、信頼性、完全性を保障するものではありません。当ウェブサイトに示される特定の投資案件またはファンド・マネージャーの過去の運用実績は、将来の結果を保証するものではありません。当社が行う投資助言業務に関しては、次のことが法律で禁止されています。

  1. 顧客を相手方として、又は顧客のために以下の行為を行うこと。
    • 有価証券の売買、市場デリバティブ取引又は外国市場デリバティブ取引
    • 有価証券の売買、市場デリバティブ取引又は外国市場デリバティブ取引の媒介、取次ぎ又は代理
    • 次に記載する取引の委託の媒介、取次ぎ又は代理
    • -取引所金融商品市場における有価証券の売買又は市場デリバティブ取引 -外国金融市場における有価証券の売買又は外国市場デリバティブ取引
    • 店頭デリバティブ取引又はその媒介、取次ぎもしくは代理
  2. 当社及び当社と密接な関係にある者が、いかなる名目によるかを問わず、顧客から金銭、有価証券の預託を受け、又は当社及び当社と密接な関係にある者に顧客の金銭、有価証券を預託させること。
  3. 顧客への金銭、有価証券の貸付け、又は貸付けの第三者による金銭、有価証券の貸付けの媒介、取次ぎ、代理を行うこと。
ミッション
  • クックパイン・キャピタルでは、個人のお客様、そのご家族及び関連する機関のオルタナティブ戦略ポートフォリオ運用における優れた投資顧問となることを目標としています。
  • クックパイン・キャピタルでは、お客様のポートフォリオにおいて元本保全を重視しながら、長期的な絶対リターンの獲得を目指します。
  • 世界で最も優れたオルタナティブ戦略マネージャーへの投資による、お客様毎のニーズに合わせたポートフォリオを運用することでお客様の資産運用目標達成のお手伝いをしていきます。

投資哲学及び手法:

個々のお客様のニーズを十分に理解したうえでオルタナティブ戦略を中心としたポートフォリオ構築のアドバイスを行っていきます。

クックパイン・キャピタルの運用する各ポートフォリオは、金融理論と綿密なリサーチに基づいて構築されています。また、運用マネージャーの選定にも厳密なデュー・デリジェンスのプロセスを用いており、各オルタナティブ投資戦略において厳しい選択基準を満たしたマネージャーのみをお客様にご紹介しています。長期的な投資を行うことを視野に入れ、入念な初期デュー・デリジェンスを行う一方、初期投資後も継続的なモニタリングを行っています。

複数のオルタナティブ戦略に投資を行いますが、基本的には超高速取引など短期的な売買を繰り返す戦略には投資を行いません。また、一度選定したマネージャーに経済サイクルを通して投資を行うことが長期的な絶対リターンの獲得にもっとも有効であるとの信念に基づき、ポートフォリオの入れ換えを最小限に止めた運用を行っています。


パフォーマンス:

クックパイン・キャピタルでは、お客様一人一人のポートフォリオに対し、リスク調整後の優れたパフォーマンスを達成することを目標としております。また、手数料体型を低く抑えることでよりいっそう高いリターンの実現を可能にします。


顧客主義:

クックパイン・キャピタルでは、顧客数を制限することにより、個々のお客様のニーズに合わせたユニークでハイレベルなサービスを提供しています。


客観的な助言:

クックパイン・キャピタルは、他の金融機関と資本関係を持たない独立系の投資顧問業者です。お客様に対して中立的で先入観の無いアドバイスを提供することが出来ます。オープン・アーキテクチャーを追求することでマネージャー選別及び投資プロセスの透明化に努めています。


経験:

的確な投資判断には金融機関における長期的な経験が欠かせません。クックパイン・キャピタルの主要メンバーは、世界トップレベルの金融機関におけるエグゼクティブとしての 経験を持ちます。この経験を活かして、お客様の資産運用上の課題に対する解決策の提示及び助言を行います。


ネットワーク:

10,000を超えるオルタナティブ投資マネージャーの中から優秀なマネージャーを選定するには、入念なリサーチに加え、金融業界における幅広いネットワークが必要になります。クックパイン・キャピタルが持つネットワークは世界トップレベルのマネージャーへの投資を可能にしています。


コンプライアンス:

クックパイン・キャピタル・エルエルシーは日本の金融商品取引法に基づく投資助言・代理業者の登録を行っています。また、米国証券取引委員会(SEC)へも登録済みです。クックパイン・キャピタルでは適用される全ての法令を遵守するべく、コンプライアンス体制を徹底しています。

スタッフ紹介
Eiichiro Kuwana

代表取締役社長:桑名英一郎

ハーバード大学を卒業後、30年近く金融業界で幅広い経験を積む。1986年から1990年まではメリルリンチNY本社をベースとして主に日系企業の米国及びユーロ資本市場での資金調達を手がける。1996年にハーバード・ビジネス・スクールにてMBAを取得した後、ゴールドマン・サックス証券に入社する。入社直後から日本市場にて個人富裕層専門部隊を立ち上げるため、東京支店へ派遣され、この部隊を成長させる。2002年に再度渡米してニューヨーク本社にてマネージメントと個人顧客への資産運用アドバイザーの役割を果たす。2004年にゴールドマン・サックス退社後、クックパイン・キャピタルを設立し、現在に至る。クックパイン・キャピタルでは、顧客ポートフォリオの作成、リスク・マネージメント、顧客サービス業務を担当する。趣味は読書、ゴルフ、旅行と教育関連の慈善活動など。また、Phillips Exeter AcademyとThe Nature Conservancy, Hawai’iの理事を務めている。

Yumi Kuwana

代表取締役常務:桑名由美

ペンシルバニア大学ウォートン・スクールを卒業後、25年にわたり、金融業界で機関投資家向けの営業を日本及びアメリカで経験する。1988年からの2年間はニューヨークのシティバンクにおいて最年少でヴァイス・プレジデントに抜擢され、日本における証券子会社設立のプロジェクト・リーダーとして活躍する。その後、ハーバード・ビジネス・スクールでMBAを取得し、モルガンスタンレー(ジャパン)のヴァイス・プレジデントとして、ニューヨーク及び東京において投資顧問会社向けの日本株及びデリバティブ商品のセールスを手がける一方で、人事採用を含むマネジメント業務を経験。さらに日本及び米国におけるIT関連企業やベンチャー企業のネットワークを広く持ち、米国ギフトサーティフィケイト・ドット・コム社の日本代表として市場調査をはじめ新規事業開発に携わり、その後合弁契約締結を機にギフトケン・ドット・コム社に入社し、新規事業開発業務に従事する。クックパイン・キャピタル設立メンバー。現在は、財務、人事、新規事業開発業務を担当する。YWCA Greenwich理事。グローバル・シチズン・イニシアチブの創立者。

Patrick Neligan

プリンシパル:パトリック・ネリガン

プリンシパルとしてオペレーショナル・デュー・デリジェンスを含むオペレーション業務全般を担当するほか、チーフ・コンプライアンス・オフィサーも兼務する。2006年6月入社。クックパイン・キャピタル入社前は7年間ゴールドマン・サックス証券に勤務し、エクイティ・キャピタル・マーケッツ部門にて転換社債やデリバティブの分析及び日々の運営戦略のモニタリングを経験したのち、2000年からは香港を拠点とするエクイティ・キャピタル・マーケッツアジア統括部門に配属される。2002年に同社のヴァイス・プレジデントに抜擢され、ヘッジファンドを顧客とするチームのリレーションシップ・マネージャーとして活躍。コネチカット大学卒。

Michael Stephenson

共同運用責任者:マイケル・スティブンソン

2015年1月入社。共同最高運用責任者として主にプライベートエクイティー投資を担当する。メリルリンチ社(東京・ロンドン及びニューヨーク)投資銀行部門にて7年間にわたり多くの大型案件に携わった後、GiftCertificates.com社の創業者としてCFO並びにVice President of Administrationを務める。Court Square Capital Partners(元Citigroup Venture Capital)では、Asia-Pacific部門におけるManaging Directorを務め、テクノロジー関連企業への投資を専門に行ってきた。特に同社のi-flex solutions limitedへの出資責任者としてOracleへの買収へと導くことに成功した。Court Square Capital Partners退社後、シティグループ東京支社のManaging Director及びテクノロジー関連企業へのバイアウト投資を行うAugusta Columbia CapitalのManaging Directorを経てクックパインキャピタルに入社。ハーバード大学の学部及びMBA卒。